反差別・人権研究所みえ|HOME >調査・研究 > 研究報告
調査・研究
調査・研究
研究報告
LGBTに関する教職員意識調査
貧困問題解決に向けた調査・研究U
更新情報一覧
個人情報保護規定
所在地など
入会のご案内
お問い合わせ
研究報告

2016年度 ヒューリアみえ研究報告会のご案内

2016年度ヒューリアみえ研究報告会チラシ(PDF)

日程・内容
日 時 2017年2月28日(火)13:30〜16:30(受付 13:30〜)
資料代 1,000円
※当日、研究紀要代(一般価格1,290円)として徴収させていただきます。
会 場 三重県人権センター 3階 大セミナー室
津市一身田大古曽693-1
内 容

<第1講座>
部落問題に関する高校生アンケート調査から見えてきたもの

調査・研究員 原田朋記

 人権問題に関する三重県民意識調査で20代の意識をみていくと、結婚差別の現状や部落差別解消への展望を「わからない」と回答する割合が高く、高校での部落問題学習の経験も低い結果が示されています。これらの結果から、2015年度に県立学校に在籍する最高学年の生徒を対象に「部落問題に関するアンケート調査」を実施し、印象に残っている部落問題学習や被差別部落出身の人からカミングアウトされた経験の有無、部落問題に関する意見や展望について聞きました。アンケートからみえてきた高校生の部落問題に対する認識や課題について報告します。

<第2講座>
「三重県に障害者差別解消条例をつくる会」の今日までの取組

事務局長 松村 元樹

 東日本大震災を機に「災害と人権研究会」を発足し、防災・減災は差別の解消なくして実現はあり得ないという現実をもとに、研究会を継承・発展し、「三重県に障がい者差別解消条例をつくる会」として、条例づくりに向けた調査・研究、実践を積み重ねてきました。その経過を報告します。

<第3講座>
「市町の人権施策等に関する取組状況調査」から

研究員 稲垣 満佐代

 三重県内の市町における人権施策をはじめ、「障害者差別解消法」に関連する取組、子どもの貧困対策や生活困窮者の自立支援に関する取組の現状について調査を実施しました。「人権が尊重される三重をつくる条例」の具現化のために、今後、市町においてどのような取組が必要であるかを模索するための調査結果を報告します。

主 催 公益財団法人反差別・人権研究所みえ(愛称:ヒューリアみえ)
後 援 三重県、三重県教育委員会、三重県市長会、三重県町村会、
公益社団法人三重県人権教育研究協議会、三重県教職員組合
交通案内  津駅西口から 三重交通バス夢が丘団地行き(看護大学夢が丘線)
津駅西口発 <12:40発 があります。>
「人権センター口」バス停下車。約100m
地図
申 込  2月24日(金)までにお申し込みください
問合せ先  公益財団法人反差別・人権研究所みえ(愛称:ヒューリアみえ)
〒514-0113 津市一身田大古曽693-1 三重県人権センター内
TEL 059-233-5525 / FAX 059-233-5526
申込先 ● メール
 secretariat@kenkyu-mie.or.jp
 件名には「研究報告会申込」とご記入いただき、本文に下記の@からBまで
 をご記入の上お申し込みください
 @ お名前
 A 連絡先電話番号
 B 所属等あればご記入ください

●FAX
  059−233−5526
 詳細案内チラシ下部の記入欄に必要事項をご記入の上、お申込みください。

*上記の個人情報は、研究報告会の連絡のためにお伺いするものです
 研究報告会実施後は参加票の記録を破棄し、上記以外の目的に利用すること
 はありません
*派遣依頼が必要な場合、その旨を申しつけください
HOME研究出版講座受託情報組織会員 個人情報保護規定  お問い合わせ